トップページ

2008年1月

突発性発疹は特に心配のいらない?

突発性発疹は特に心配のいらない病気といわれているが、
発熱=突発性発疹と家庭で判断するのは危険である

一方で感染症に対しては終生免疫を得る。
手湿疹
発熱中、または解熱して発疹が出現したあとに、意識障害やけいれんの群発(繰り返し起こるけいれん)、重積(30分以上止まらないけいれん)で発症する。
感染源は主に家族からの水平感染と考えられる。
患者血液からウイルス分離またはウイルスDNAを検出することができるが、一般的には行われない。
ウイルスが直接中枢神経系に侵入している(一次性脳炎)例のほか、感染後の免疫反応により中枢神経が障害される(二次性脳炎)例が存在すると考えられている。
ほとんどは5分以内におさまり、後遺症を残さない。
突発性湿疹
HHV-6,7各々に、IgG,IgM抗体を測定できる。
3~4日の有熱期の後、解熱するとともに全身に発疹が出現する。
脳炎などの重篤な合併症があり、血清や髄液にウイルスDNAが証明される例では、ガンシクロビルやフォスカルネットの投与が考慮されるが、有効性についての科学的根拠は不十分である。
解熱剤、輸液など必要に応じて対症療法を行う。
大泉門の膨隆はさらに多いが、重篤な神経症状を起こすことはまれである。

どうして今脚気

どうして今脚気?

脚気は大正時代以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及し、副食を十分摂らなかったことで非常に多くの患者を出しました。
脚気は、結核と並んで二大国民病とまで言われていました。
ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患です。
脚気は、ビタミンB1欠乏症の一つ。
脚気はヴェルニッケ脳症、高ピルビン酸血症と並ぶビタミンB1欠乏症の代表疾患です。
アルコール依存症患者にも多く、アルコール分解の際にビタミンB1が消費される事と、偏食が関与しています。
最近は高齢化が進み、ビタミンB1を含まない高カロリー輸液での発症も問題となっています。
心臓機能の低下・不全を併発する事から、「脚気衝心」と呼ばれることもあります。
戦後国民の栄養状態の改善に伴い激減したが、近年はジャンクフードの普及によって増えています。
顎関節症
心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって下肢のしびれが起きることから脚気の名で呼ばれています。

ビタミンが不足すると、

ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりする(→ビタミンの欠乏症)。こうした有機化合物がビタミンになったと考えられている。

過程で、化合物のうち、不足すると致命的なものは体内で生成できるようになった。ビタミン
不足しても化合物や容易に食料から摂取できる化合物は、それを摂取できずに死に至る危険性よりも、体内で生成する器官を備えるコストの方が大きいため、体外のみ(動物では食物、単細胞生物では環境水など)から摂取するようになり、合成に代謝経路を失うようになったか、代謝経路を進化させなかった。

手作り(ハンドメイド)指輪

手作り(ハンドメイド)指輪の本体にくる部分はは地金をローラーで延ばし、必要な板を作る。
人差指 理想の実現へ前向きに取り組みたい人や、積極性やい人向き。
誕生石や星座石などをするのに最適な指。
クラダリングは意味合いは上記とは製造指輪の製造には鋳造(ちゅうぞう)法、手作り(ハンドメイド)、鍛造(たんぞう)法があるが、主流は鋳造法のうち、ロストワックス法と呼ばれる方法である。婚約指輪 相場
エトルリアのスカラベは紅玉髄に彫ったものがある。
フェニキアのものはスカラベが認印の用をいた。
薬指 創造性やインスピレーションを刺激する。
稀に足の指にはめるものもある。
心に誓いを立てるとき。yahoo!
左手の薬指が一般的だが、国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もある。
指輪を身につける習俗は、明治に指輪が入って以降に広まった。
左手の薬指にはめる。
CAD/CANによってデータを作り、光造形法やインクジェット方式等の3Dプリンタで原型を製作し、ロストワックス法で製造するといった技術も進んでいる。
結婚指輪結婚した夫婦がずつはめる指輪。
インタリオリング認印付き指輪。
爪なども地金から整形し、本体にロウ付けしてゆく。

お香典について

仏式の文中に用いられる「七七日忌」「七七忌」とは四十九日のことである。
挨拶状と、数百円程度の品物が香典の領収書と共に通夜の時に渡され、忌明け時に香典返しを行うことはないことが多い。
香典の意義香典は古くは「奠」の字を用いるのが一般的であったが、奠とは供え物の意味であり「香典(香奠)」とは、故人に対する供物であるとともに、不意の事態に遭遇した故人の家族への支援の意味もある。
穢れの思想が強かった時代に葬儀に携わる故人の親族が人々と接触して穢れを広めないようにするために故人の家族と親族の食料を予め用意しておくという配慮が言われている。香典相場
葬儀の準備に参加あるいは参列する地域の知人・友人は、穢れと接触するのを最低限にするために地域の宿屋あるいは食堂を借りて食事を摂り、その食料も故人あるいは一般人と物を用意して地域の負担として住民で用意した。
に後に穢れの観念が希薄となると、親族と友人・知人の食事は地域によっては地域全体で葬儀を行うようになった。
このため、親族以外の香典も全てが故人の家族に渡されるようになったと考えられている。
故人との親疎によって香典の料も違い、喪主を務めない故人の実子は米か麦を1俵丸ごと差し出し、更に酒1樽を付ける慣習が広く行われていた。
香典が金銭に代わり、食料がその副物として簡単な供物に代わっていくのは、武士階層では室町時代、一般庶民では明治時代以後、一部農村部ではのことと考えられている。

メラトニンとセロトニン

メラトニンは、セロトニンから合成されます。
セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)はセロトニン濃度が事によって引き起こされる症状である。
幻覚を起こすリゼルギン酸ジエチルアミド (LSD) は、セロトニンの作用を阻害するといわれています。
セロトニンは、その効果の大きさから、疑似科学や代替医療の用語としてもしばしば登場します。
うつ病や神経症などの精神疾患に、セロトニンが影響を及ぼしているといわれています。
セロトニンの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞内にあります。
セロトニンが存在しており、そのうちの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞(EC細胞とも呼ばれる)内にある。クロム親和細胞はセロトニンを合成する能力を持っており、ここで合成されたセロトニンは腸などの筋肉に作用し、消化管の運動に大きく関係している。セロトニン
SRI や SNRI 両者共シナプスから放出されたセロトニンの再吸収を阻害する事によって、症状を改善します。
クロム親和細胞は、セロトニンを合成する能力を持っています。
約2%のセロトニンは中枢神経系にあり、人間の精神活動に大きく影響しているといわれています。
合成されたセロトニンの一部は、血小板に取り込まれます。
主な薬物には、SSRI や SNRI があります。
異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢 2. 体神経系および痙攣、緊張と緩和の繰り返し(例: あご。歯をがちがちさせる)、反射亢進、硬直、振戦 3. 脳認識機能: 混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡
セロトニン症候群はセロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。
セロトニンは、トリプトファンから生合成されます。

妊娠周期

胎児の諸器官の原型は妊娠初期にほとんどが形成される。
妊娠中期(満16~27週)胎動が感じられるようになる。
飲酒、ストレス、特定の薬、風疹などのウイルス、X線などが、胎児の諸器官形成に悪影響を及ぼし、奇形または自然流産の原因となることがある。
陣痛が起こる前から開きはじめる。
諸器官は妊娠中期に著しく成長し、22週頃には早産してもNICU(新生児集中治療室)の保育器内で生存できる場合がある。
日本では妊娠5ヶ月目の戌の日に「腹帯(ふくたい・はらおび)」をしめはじめた。出産予定日

出産後はホルモン分泌の急激な変化が起こる。
子宮外に出ても生存する確率が高くなる。
陣痛に同期して遅れて胎児の心拍数が低下する。
貧血になる妊婦も少なくない。
胎児が子宮外に出てしまうと生存はほとんど困難で、流産となる。
これを早発一過性徐脈と言う。
これを遅発性一過性徐脈と言う。
それにつれて子宮が大きくなり、妊婦の腹部は膨らんでいく。
基線細変動消失や遅発性一過性徐脈が場合は胎児仮死と考える。

出産の手伝い

出産の手伝いを取り仕切る女性は「産婆」と呼ばれていました。
産婆はのちに「助産婦」(現在は助産師)と呼ばれるようになります。
里帰り出産、日本では、妊婦が実家に戻り、実家で、あるいは実家近くの病院で出産することを「里帰り出産」と呼んでいました。
助産師が出産を取り仕切ります。
リスクの低い妊婦のみおこないます。
初期には間隔も長く、「腹が張る」「硬くなる」といった程度です。
古くは「自宅」あるいは「産屋」という出産のための小屋にて出産することが一般的でした。出産 費用
またそのときに母体が感じる痛みがあります。
産科学が発達すると帝王切開による分娩も可能となりました。
妊婦がパニックを起すこともあります。
近年、入院分娩を取り扱う医師・病院が減少しています。
地域によっては、自宅から分娩する病院までいくのに長時間かかるところも出現し始めています。
促進剤が効きすぎて母子に害が及ばないように、分娩監視装置をつけて十分注意を払う必要があります。
計画分娩とは、母子の状態、あるいは出産する病院の都合などから、自然に陣痛が来るのを待たず、陣痛促進剤を用いて計画的に経膣分娩を行う場合があります。無痛分娩
産科(産婦人科)病院での出産では、医師が出産を取り仕切ります。
それでも妊娠高血圧症候群、前置胎盤、へその緒の巻絡、大量出血など、リスクはなくなっていません。
但し、近年産科医が不足し里帰り出産の受入制限を行っている病院が増加している為、妊娠初期の内に希望する病院へ確認する必要があります。
ラマーズ法その他による精神・肉体両面の準備があればある程度、感じ方を軽くすることも可能です。
古来、分娩は妊婦にとって命がけの行為でした。
状態が少しでも悪くなりかけたら、産科医と連絡を取る必要があります。
陣痛とは、出産を前に子宮がくり返す規則正しい収縮のことをいいます。

帝王切開

一度帝王切開で分娩した場合、陣痛による子宮破裂のリスクを回避するために、次回も帝王切開を勧められます。
なお、これらリスクを避けるために、自宅出産ではないが、できるだけ自宅出産に近い雰囲気で出産できるようにした病院を選ぶ選択肢もあります。
周産期医学の発達でかなりのリスクは軽減されました。
近代以前のお産は、全て経膣分娩でした)。出産 一時金
周産期死亡率は日本国内においては著しく低下しました。
妊婦、胎児ともに順調であれば自宅出産も不可能ではないが、現在では自宅出産を仕切る「助産師」はなかなか見つけられない。
申請は医療保険の保険者(社会保険事務所、健康保険組合、市区町村等)に「出産育児一時金請求書」または「配偶者出産育児一時金請求書」を提出する。
無痛分娩は、すべての症例において完全な除痛を達成できるわけではありません。出産 手当金
しかし、感じ方には個人差が大きいです。
お産が進むに連れて間隔が短くなっていき、収縮の度合もきつくなり「痛み」を認識するようになります。

トップページ