« メラトニンとセロトニン | トップページ | 手作り(ハンドメイド)指輪 »

お香典について

仏式の文中に用いられる「七七日忌」「七七忌」とは四十九日のことである。
挨拶状と、数百円程度の品物が香典の領収書と共に通夜の時に渡され、忌明け時に香典返しを行うことはないことが多い。
香典の意義香典は古くは「奠」の字を用いるのが一般的であったが、奠とは供え物の意味であり「香典(香奠)」とは、故人に対する供物であるとともに、不意の事態に遭遇した故人の家族への支援の意味もある。
穢れの思想が強かった時代に葬儀に携わる故人の親族が人々と接触して穢れを広めないようにするために故人の家族と親族の食料を予め用意しておくという配慮が言われている。香典相場
葬儀の準備に参加あるいは参列する地域の知人・友人は、穢れと接触するのを最低限にするために地域の宿屋あるいは食堂を借りて食事を摂り、その食料も故人あるいは一般人と物を用意して地域の負担として住民で用意した。
に後に穢れの観念が希薄となると、親族と友人・知人の食事は地域によっては地域全体で葬儀を行うようになった。
このため、親族以外の香典も全てが故人の家族に渡されるようになったと考えられている。
故人との親疎によって香典の料も違い、喪主を務めない故人の実子は米か麦を1俵丸ごと差し出し、更に酒1樽を付ける慣習が広く行われていた。
香典が金銭に代わり、食料がその副物として簡単な供物に代わっていくのは、武士階層では室町時代、一般庶民では明治時代以後、一部農村部ではのことと考えられている。

« メラトニンとセロトニン | トップページ | 手作り(ハンドメイド)指輪 »

日記1」カテゴリの記事