« 妊娠周期 | トップページ | お香典について »

メラトニンとセロトニン

メラトニンは、セロトニンから合成されます。
セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)はセロトニン濃度が事によって引き起こされる症状である。
幻覚を起こすリゼルギン酸ジエチルアミド (LSD) は、セロトニンの作用を阻害するといわれています。
セロトニンは、その効果の大きさから、疑似科学や代替医療の用語としてもしばしば登場します。
うつ病や神経症などの精神疾患に、セロトニンが影響を及ぼしているといわれています。
セロトニンの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞内にあります。
セロトニンが存在しており、そのうちの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞(EC細胞とも呼ばれる)内にある。クロム親和細胞はセロトニンを合成する能力を持っており、ここで合成されたセロトニンは腸などの筋肉に作用し、消化管の運動に大きく関係している。セロトニン
SRI や SNRI 両者共シナプスから放出されたセロトニンの再吸収を阻害する事によって、症状を改善します。
クロム親和細胞は、セロトニンを合成する能力を持っています。
約2%のセロトニンは中枢神経系にあり、人間の精神活動に大きく影響しているといわれています。
合成されたセロトニンの一部は、血小板に取り込まれます。
主な薬物には、SSRI や SNRI があります。
異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢 2. 体神経系および痙攣、緊張と緩和の繰り返し(例: あご。歯をがちがちさせる)、反射亢進、硬直、振戦 3. 脳認識機能: 混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡
セロトニン症候群はセロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。
セロトニンは、トリプトファンから生合成されます。

« 妊娠周期 | トップページ | お香典について »

日記1」カテゴリの記事