« 帝王切開 | トップページ | 妊娠周期 »

出産の手伝い

出産の手伝いを取り仕切る女性は「産婆」と呼ばれていました。
産婆はのちに「助産婦」(現在は助産師)と呼ばれるようになります。
里帰り出産、日本では、妊婦が実家に戻り、実家で、あるいは実家近くの病院で出産することを「里帰り出産」と呼んでいました。
助産師が出産を取り仕切ります。
リスクの低い妊婦のみおこないます。
初期には間隔も長く、「腹が張る」「硬くなる」といった程度です。
古くは「自宅」あるいは「産屋」という出産のための小屋にて出産することが一般的でした。出産 費用
またそのときに母体が感じる痛みがあります。
産科学が発達すると帝王切開による分娩も可能となりました。
妊婦がパニックを起すこともあります。
近年、入院分娩を取り扱う医師・病院が減少しています。
地域によっては、自宅から分娩する病院までいくのに長時間かかるところも出現し始めています。
促進剤が効きすぎて母子に害が及ばないように、分娩監視装置をつけて十分注意を払う必要があります。
計画分娩とは、母子の状態、あるいは出産する病院の都合などから、自然に陣痛が来るのを待たず、陣痛促進剤を用いて計画的に経膣分娩を行う場合があります。無痛分娩
産科(産婦人科)病院での出産では、医師が出産を取り仕切ります。
それでも妊娠高血圧症候群、前置胎盤、へその緒の巻絡、大量出血など、リスクはなくなっていません。
但し、近年産科医が不足し里帰り出産の受入制限を行っている病院が増加している為、妊娠初期の内に希望する病院へ確認する必要があります。
ラマーズ法その他による精神・肉体両面の準備があればある程度、感じ方を軽くすることも可能です。
古来、分娩は妊婦にとって命がけの行為でした。
状態が少しでも悪くなりかけたら、産科医と連絡を取る必要があります。
陣痛とは、出産を前に子宮がくり返す規則正しい収縮のことをいいます。

« 帝王切開 | トップページ | 妊娠周期 »

日記1」カテゴリの記事